2019年05月一覧

映画『未来を花束にして』あらすじ、作品情報

あらすじ

1912年ロンドン。

モード・ワッツは、夫サニーと幼い息子ジョージの3人で暮らす主婦

洗濯工場で賃金で長時間働いていた。

モードは女性参政権を求めて活動する婦人社会政治連合(WSPU)の過激行動に遭遇

サフラジェットと呼ばれる女性参政権を求める活動家で過激な活動を展開しているイーディスと出会う。

女性参政権運動への取り締まりが厳し

カメラによる市民監視システムが導入

モードは偶然写り込んでいたため活動家の1人としてマーク

モードはサニーから一方的に離婚を申し渡され、息子ジョージと会うことを禁じられジョージは養子に出され、工場も解雇

運動に無関心だったモード、運動家たちの過激な活動を目の当たりにし、議会の公聴会で友人の代わりに工場での待遇や自身の身の上を証言

自分が違う生き方を望んでいることに気付く。

キャスト

モード・ワッツ:キャリー・マリガン

イーディス・エリン:ヘレナ・ボナム=カーター

サニー・ワッツ:ベン・ウィショー

アーサー・スティード警部:ブレンダン・グリーソン

ヴァイオレット・ミラー:アンヌ=マリー・ダフ

エメリン・パンクハースト:メリル・ストリープ

アリス・ホートン:ロモーラ・ガライ

ヒュー・エリン:フィンバー・リンチ

エミリー・ワイルディング・デイヴィソン:ナタリー・プレス

ベネディクト・ホートン:サミュエル・ウェスト

ノーマン・テイラー:ジェフ・ベル

デビッド・ロイド・ジョージ:エイドリアン・シラー

作品情報

タイトル:未来を花束にして

原題:SUFFRAGETTE

製作年度:2015年

上映時間:106分

製作国:イギリス

ジャンル:ドラマ

監督:セーラ・ガヴロン

製作総指揮:キャメロン・マクラッケン、テッサ・ロス、ローズ・ガーネット、ニック・バウアー、ジェームズ・シェイマス、テレサ・モネオ

脚本:アビ・モーガン

音楽:アレクサンドル・デスプラ