映画一覧

映画『パシフィック・リム』あらすじ・感想

 

映画『パシフィック・リム』は巨大怪獣が突然現れて、そいつらを倒すために人類は「イエーガー」っていう巨大ロボットを作って対抗するって話です。

作品情報

あらすじです。

2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。

 

映画『パシフィック・リム』見どころ

タイトルにも書きましたが、パシフィック・リムは日本愛に満ち溢れた作品になっています。

これはギレルモ・デル・トロ監督がエンドロールで「この映画をモンスター・マスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」って言ってるから間違いないんです。

映画を見てみると、確かにどこか昔見たことがあるような懐かしロボットアニメ(特撮)の雰囲気を感じます。

マジンガーZや鋼鉄ジーグなどの合体ロボットアニメっぽいギミックも登場して、中年男子たちは胸アツで見れるんではないでしょうか。

また、敵の怪獣も英語で「kaijyu」と呼ばれてる辺り、かなり日本贔屓ですよね。

それに日本人俳優がかなり重要な役どころで出演しています。

一人は菊地凛子さん。

メインロボットのイエーガーに乗り込むパイロットとして出演しています。

また、過去に隊長に助けられた過去を持つなど、その背景も作り込まれていて、なかなか美味しい役どころです。

もうひとりは芦田愛菜さん。
芦田愛菜さんは菊地凛子さんの子供の頃の役です。
先程の隊長に助けられた時を描いたシーンで出てきます。

映画『パシフィック・リム』まとめ

パシフィック・リムは男子にはかなり受けがいい映画だと思います。

ロボットアニメを全力で実写化したらこうなった!というような素晴らしいできになっています。

日本のアニメや特撮に影響を受けているっていうのも嬉しいですよね。
ぜひ、ご覧ください。


映画『ユー・ガット・メール』感想・あらすじ

懐かしい映画を見ました。

メグ・ライアン、トム・ハンクス主演の『ユー・ガット・メール』です。

 

あらすじです。

キャスリーンは、母親の代から続く小さな絵本の店を経営している。彼女は“ショップガール”というハンドルネームを持ち、顔も知らない“NY152”というハンドルネームの男性とメールのやり取りをすることを日々の楽しみにしていた。彼女の本屋の近くに大手の本屋チェーンがオープンするが、その経営者が実は“NY152”のジョーであった。彼も“ショップガール”とのメール交換を心の糧にしていたが、二人は顔を合わせると喧嘩が絶えなかった。そんなときキャスリーンは“NY152”から直接会わないかと提案される……。

 

映画『ユー・ガット・メール』見どころ

映画『ユー・ガット・メール』は1998年公開の作品です。

つまり、20年前の作品なんですね。

でも、全然色あせていなくって、今見ても十分楽しめる作品でした。

 

まず、メグ・ライアンが可愛すぎます!

私はメグ・ライアンの大ファンだったので、公開とともに映画館に見に行きました。

メグ・ライアンの『めぐり逢えたら』という映画も見ていて、こちらもトム・ハンクスとの共演だったのですが、これが最高の映画!

微笑ましいシーンと感動のシーンのオンパレードで、一気にメグ・ライアンのファンになってしまいました。

 

そして、今作でもトム・ハンクスとのコンビが復活し、またラブストーリーということで期待が膨らみました。

メグ・ライアン演じるキャスリーンはトム・ハンクス演じるジョーと仲が悪い商売敵を演じます。

しかし、互いのことを知っていく内に惹かれ合い、ラストシーンでは…と、もう、胸キュンが止まらない展開でした。

 

メグ・ライアンの何が可愛いってアヒル口が最高ですね。

元相アヒル口といっても過言ではないんじゃないでしょうか。

また、表情がくるくる変わるのが、とっても素敵で魅力的でした。

 

まとめ

トム・ハンクスとメグ・ライアンという最強コンビによって作られた『ユー・ガット・メール』は正統派ラブストーリーです。

仲が悪かった男女が最後には愛し合うようになる…なんてベタな展開ですが、それがまた心地いいんです。

この時代はパソコンが普及しだしたころなので、メールを題材にしているんですが、ちょっと古めかしいところも可愛くって良かったです。