マッキー一覧

映画『パシフィック・リム』あらすじ・感想

映画『パシフィック・リム』は巨大怪獣が突然現れて、そいつらを倒すために人類は「イエーガー」っていう巨大ロボットを作って対抗するって話です。

作品情報

あらすじです。

2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。

 

映画『パシフィック・リム』見どころ

タイトルにも書きましたが、パシフィック・リムは日本愛に満ち溢れた作品になっています。

これはギレルモ・デル・トロ監督がエンドロールで「この映画をモンスター・マスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」って言ってるから間違いないんです。

映画を見てみると、確かにどこか昔見たことがあるような懐かしロボットアニメ(特撮)の雰囲気を感じます。

マジンガーZや鋼鉄ジーグなどの合体ロボットアニメっぽいギミックも登場して、中年男子たちは胸アツで見れるんではないでしょうか。

また、敵の怪獣も英語で「kaijyu」と呼ばれてる辺り、かなり日本贔屓ですよね。

それに日本人俳優がかなり重要な役どころで出演しています。

一人は菊地凛子さん。

メインロボットのイエーガーに乗り込むパイロットとして出演しています。

また、過去に隊長に助けられた過去を持つなど、その背景も作り込まれていて、なかなか美味しい役どころです。

もうひとりは芦田愛菜さん。
芦田愛菜さんは菊地凛子さんの子供の頃の役です。
先程の隊長に助けられた時を描いたシーンで出てきます。

映画『パシフィック・リム』まとめ

パシフィック・リムは男子にはかなり受けがいい映画だと思います。

ロボットアニメを全力で実写化したらこうなった!というような素晴らしいできになっています。

日本のアニメや特撮に影響を受けているっていうのも嬉しいですよね。
ぜひ、ご覧ください。

おすすめ記事

【MIX(ミックス)】3話


アニメ『東京喰種』感想・ネタバレ

アニメ『東京喰種』の原作は石田スイさん漫画で、『週刊ヤングジャンプ』で連載されていました。

そして、最近、窪田正孝くん主演で実写映画化されました。

作品情報

あらすじです。

東京に潜む『絶望』。それは、人々に『死』以上の恐怖を与える怪人――“喰種”(グール)。彼らはヒトに紛れ、ヒトを狩り、その死肉を喰らう。食物連鎖の頂点に君臨する“喰種”に怯えながら、人間たちはこの『間違った世界』を生きていた。読書好きの大学生・カネキは、行きつけの喫茶店「あんていく」にて、リゼという少女に出会う。年齢や境遇、読書の趣味も同じという事で、急接近する二人だが……

TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』公式サイト

 

登場人物

金木 研(カネキ)

声:花江夏樹

霧嶋董香(トーカ)

声:雨宮 天

神代利世(リゼ)

声:花澤香菜

西尾 錦

声:浅沼晋太郎

芳村

声:菅生隆之

月山 習

声:宮野真守

笛口雛実(ヒナミ)

声:諸星すみれ

ヤモリ

声:西 凜太朗

霧嶋絢都(アヤト)

声:梶 裕貴

永近英良(ヒデ)

声:豊永利行

亜門鋼太朗(アモン)

声:小西克幸

真戸呉緒(マド)

声:大川 透

見どころ

アニメ『東京喰種』には喰種(グール)と呼ばれる怪物が登場します。

喰種(グール)は普通の食事ができず、人間の肉しか食べることができません。

だから、夜な夜な人を殺して人肉を食べてるんです。

だから喰種(グール)は人間から忌み嫌われ、処分の対象になっています。

 

喰種(グール)を倒すために人間が設立したのがCCG(喰種対策局)です。

CCG(喰種対策局)に属する捜査官はクインケと呼ばれる武器を使って喰種(グール)と戦います。

クインケは喰種(グール)の赫子(カグネ:喰種がそれぞれに持っている武器みたいなもの)から作られています。

CCG(喰種対策局)は人間を守るために組織されていて喰種(グール)をやっつける。

そこには人間の言い分があって正義があると思います。

しかし、喰種(グール)には喰種(グール)の言い分があって、人間を食べるのも仕方ないと思えるような事情もある。

その2つの手技がぶつかって喰種(グール)とCCG(喰種対策局)は対立しているのです。

まとめ

アニメ『東京喰種』は実はすっごく難しい問題を投げかけているように思える作品です。

主義の違う、立場の違う二者がぶつかりあう。

そこには2つの正解があって、どちらが間違っているわけでもない。

だから本当は穏やかに話し合って解決しなきゃいけなんだけど、そうはうまくいかないのが世の常なんだよね。

喰種(グール) VS CCG(喰種対策局)は終わることのない戦いを続けるしかないんでしょうか。

おすすめ記事

真夜中のオカルト公務員 第1話「新宿上空の天狗と天使」

【真夜中のオカルト公務員】 1話 

真夜中のオカルト公務員 第1話 新宿御苑の天狗と天使①

テレビアニメ「真夜中のオカルト公務員」公式サイト


アニメ『PSYCHO-PASS(サイコパス)』感想・ネタバレ

アニメ『PSYCHO-PASS(サイコパス)』は踊る大捜査線の本広克行さんが総監督を務めた作品です。

未来の都市を守る警察、そしてシステムを描いた近未来SFとなっています。

アニメ『PSYCHO-PASS(サイコパス)』作品情報

あらすじ

あらゆる感情、欲望、社会病質的心理傾向はすべて記録され、管理され、大衆は「良き人生」の指標として、その数値的な実現に躍起になっていた。人間の心の在り方、その個人の魂そのものを判定する基準として取り扱われるようになるこの計測値を人々は「PSYCHO-PASS(サイコパス)」の俗称で呼び慣わした。
人間の心理状態や性格的傾向を計測し数値化できるようになった未来世界。
犯罪に関する数値も”犯罪係数”として計測され、犯罪者はその数値によって裁かれる。

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

 

おすすめ記事

PSYCHO-PASS サイコパス

NEWS|アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

PSYCHO-PASS サイコパス – Wikipedia

AB夫(えびお)のシコウサクゴ

登場人物

狡噛慎也(こうがみ しんや)

声:関智一

常守朱(つねもり あかね)

声:花澤香菜

宜野座伸元(ぎのざ のぶちか)

声:野島健児

征陸智己(まさおか ともみ)

声:有本欽隆

縢秀星(かがり しゅうせい)

声:石田彰

六合塚弥生(くにづか やよい)

声:伊藤静

唐之杜志恩(からのもり しおん)

声:沢城みゆき

槙島聖護(まきしま しょうご)

声:櫻井孝宏

 

アニメ『PSYCHO-PASS(サイコパス)』見どころ

アニメ『サイコパス』は未来の警察を描いた作品です。

未来物なので色々なことが現在とは違っていて、面白いガジェットも登場します。

アニメ『サイコパス』の世界はシビュラシステムというものが支配しています。

シビュラシステムは…

サイマティックスキャンによって計測した生体力場から市民の精神状態を科学的に分析し、そこから得られるデータをサイコパスとして数値化したあと、導かれた深層心理から職業適性や欲求実現のための手段などを提供する、包括的生涯福祉支援システム。

らしいです。難しいですね。

つまり、色んな情報が政府に筒抜けになってるってことです。

 

アニメ『サイコパス』で言うサイコパスというのは…

人間の精神状態を科学的に分析して数値化したデータ。反社会人格障害を指すサイコパス(psychopath)のことではなく、本作独自の造語で「精神の証明書」(psycho-pass)を意味する。

ということで、シビュラシステムでゲットした情報を元に、その人の精神状態を数値化したものです。

 

この2つがアニメ『サイコパス』を見る上で重要な要素になります。

シビュラシステムとサイコパスによって事前に犯罪をおかしそうな人物を特定し逮捕する。

一見、理想的な世界に見えますが、それはシステムが健全に運営されていればの話で、もし、それが恣意的に使われているとすればとんでもないことですね。

 

まとめ

未来の警察を舞台とした群像劇、アニメ『サイコパス』は1期2期さらに、映画にもなった大人気作品です。

じっくり腰を据えて見るのがおすすめです!


映画『ユー・ガット・メール』感想・あらすじ

懐かしい映画を見ました。

メグ・ライアン、トム・ハンクス主演の『ユー・ガット・メール』です。

 

あらすじです。

キャスリーンは、母親の代から続く小さな絵本の店を経営している。彼女は“ショップガール”というハンドルネームを持ち、顔も知らない“NY152”というハンドルネームの男性とメールのやり取りをすることを日々の楽しみにしていた。彼女の本屋の近くに大手の本屋チェーンがオープンするが、その経営者が実は“NY152”のジョーであった。彼も“ショップガール”とのメール交換を心の糧にしていたが、二人は顔を合わせると喧嘩が絶えなかった。そんなときキャスリーンは“NY152”から直接会わないかと提案される……。

 

映画『ユー・ガット・メール』見どころ

映画『ユー・ガット・メール』は1998年公開の作品です。

つまり、20年前の作品なんですね。

でも、全然色あせていなくって、今見ても十分楽しめる作品でした。

 

まず、メグ・ライアンが可愛すぎます!

私はメグ・ライアンの大ファンだったので、公開とともに映画館に見に行きました。

メグ・ライアンの『めぐり逢えたら』という映画も見ていて、こちらもトム・ハンクスとの共演だったのですが、これが最高の映画!

微笑ましいシーンと感動のシーンのオンパレードで、一気にメグ・ライアンのファンになってしまいました。

 

そして、今作でもトム・ハンクスとのコンビが復活し、またラブストーリーということで期待が膨らみました。

メグ・ライアン演じるキャスリーンはトム・ハンクス演じるジョーと仲が悪い商売敵を演じます。

しかし、互いのことを知っていく内に惹かれ合い、ラストシーンでは…と、もう、胸キュンが止まらない展開でした。

 

メグ・ライアンの何が可愛いってアヒル口が最高ですね。

元相アヒル口といっても過言ではないんじゃないでしょうか。

また、表情がくるくる変わるのが、とっても素敵で魅力的でした。

 

まとめ

トム・ハンクスとメグ・ライアンという最強コンビによって作られた『ユー・ガット・メール』は正統派ラブストーリーです。

仲が悪かった男女が最後には愛し合うようになる…なんてベタな展開ですが、それがまた心地いいんです。

この時代はパソコンが普及しだしたころなので、メールを題材にしているんですが、ちょっと古めかしいところも可愛くって良かったです。

 

おすすめ記事

海外の反応 【キャロル&チューズデイ】 第1話 これは期待できそう!

【キャロル&チューズデイ】1話

アニメ『キャロル&チューズデイ』第1話「True Colors」の海外の反応

キャロル&チューズデイ